夏でも酒を飲むなら赤ワインがオススメです

離婚して2人の息子のシングルマザーになって10年。

子供も大きくなり、手がかからなくなった今、私の楽しみはお酒を楽しむことです。

ここ最近はすっかり夏らしくなりアイスや冷たい飲み物が恋しい季節になりました。
私にとって夏は春の次に好きな季節です。秋も好きですが,夏は日中の日が長く日差しも強く全体的に明るい感じがしますので気分的に明るくなります。
そして,夏の定番といえば夏祭りや花火やかき氷といろいろとありますが,我々大人達はビアガーデンで冷えたビールと枝豆ではないでしょうか。
夜のオフィス街は週末の金曜日ともなると多くのビジネスマンがビアガーデンで楽しく飲んでいる姿を頻繁に見かけるようになります。
私も冷たいビールに枝豆は夏の定番だと思いますし,自分でも仕事の後のビールに枝豆は最高だと思います。
しかし,最近は少し違います。夏には冷えたビールに枝豆も良いのですが,ここ数年は冷えた赤ワインにチーズとミートソースに肉と野菜を炒めたコッテリ料理にハマっています。
なぜかというと,夏バテを防止するためにはしっかりとスタミナと栄養をつけなくてはならないからです。私は今まで夏バテをしたことはありませんが,年も50歳以上になると体力的にも厳しいものがありますのでやはりここは栄養とスタミナをしっかりとつける必要があります。
私のレシピの基本を簡単に申し上げますと,まずは肉類(牛・豚・鶏肉・羊肉・鴨肉と色々と使い分けています)と野菜です。野菜類は人参やブロッコリーやアスパラガスなどの西洋風の野菜をたっぷりと使います。後は主食に関しては特にそれぞれの好みでよろしいのですが,私はその日の気分でパスタかジャガイモかパンを選びます。
それから,使用する油はサラダ油でもオリーブオイルでもそれぞれの好みでよろしいのですが,私は主にサラダ油とバターを使いますし,あとはスパイスとハーブを好みに合わせ使います。
そして,味付けは塩コショウのみです。それ以外の調味料は一切使いません。
すると,これが赤ワインにぴったりとあった料理になるのです。少し余裕があるときはミニステーキを作りますが,日常的にはこのように肉と野菜をほどよくブレンドして炒めたものになります。
赤ワインはまだビールに比べると一般的でない感じもしますが,しっかりと冷やした赤ワインとスパイシーでジューシーな肉料理の組み合わせは私の夏の定番です。
今年の夏もこれでしっかりと乗り切ります。